top of page

【年中組】クリスマス礼拝・祝会

コドモの園幼稚園のみんなは、楽しみながら制作をしたりとクリスマス礼拝に向けて準備を進めてきました。そこかしこにクリスマスの飾りが設られ、アドベント礼拝ごとに火を灯したろうそくも3本となり、あたたかい炎のゆらめきに迎えられ、年中さんがホールに入場してきました。



ステージにはスクリーンが出現し、いつもと違った雰囲気のホールです。

今日は年中さんのクリスマス礼拝の日。イエスさまがお生まれになった日をお祝いするために、4本目のろうそくに火が灯されました。火が灯ると、ろうそくのまわりが明るくなって、心があたたかくなるね。イエスさまもろうそくのようなお方です。暗くて寂しかった世の中を、自身の身を小さくしながら明るく、あたたかく照らしてくださいました。



みんなのことを優しく照らしてくれるろうそくの火を見つめながら讃美歌「アドベンクランツに」を歌い、いつも守ってくれているイエスさまを心にお迎えして、私たちのところへ、そして様々な理由で苦しい思いをしている人たちのところにも、素敵なクリスマスが来ますようにとお祈りをします。



年中さんはクリスマス礼拝に向けて、絵本「クリスマスのちいさなほし」をお手本とした絵を描いたり、また讃美歌を歌ったりと準備をしてきました。

スパッタリングという飛沫を用いた表現にチャレンジして出来上がったのは、とても幻想的な絵の数々。お話の途中途中には、ピアノの伴奏での讃美歌。心を込めて描いた絵や歌を、神さまにお捧げしました。



今日は、おうちの方々、教諭たち、子どもたちみんなで心を合わせて礼拝ができるようにしてくださってありがとうございます。クリスマス当日も、今日のように、イエスさまのお誕生を心をこめてお祝いできるようにしてください。心の中の神さまに想いを馳せながらお祈りをし、第一部の礼拝は終わりました。



一旦退出したこどもたちが、明るく賑やかな雰囲気に包まれたホールに戻ってきました。みんなでステージに並び、讃美歌「わたしはちいさいひ」を歌って始まったのは、第二部の祝会です。

歌い終わって席に戻ると、どこからかシャラランと軽やかな鈴の音が。子どもたちの笑顔が弾ける瞬間、サンタクロースの登場です。



サンタさんは、神さまから預かったプレゼントをみんなの元へ運んできてくれました。思い思いの感謝の言葉とともにプレゼントを受け取り、席につくと抱きしめたり覗きこんだり、お友だちとなんだろう?と推測しあったり。


嬉しいことに、さらにマジックのプレゼントが! 



きらきらと輝くような、見ている人の心をあたたかくするようなみんなの笑顔。来年もまたサンタさんに会えると思うと、もう今から楽しみだね。


讃美歌「もみのきまんなかに」を歌い、祝会が終わりました。年中さんとなったみんなの、目覚ましい成長が伺えたクリスマス礼拝・祝会。自然と子どもたちの間から発生したメリー・クリスマスの声が、楽しく賑やかにホールに響きました。

Comments


bottom of page