top of page

【全学年】イースター礼拝

朝や夜はまだ寒いけれど、先日あたりから日中はぽかぽか陽気になってきました。コドモの園幼稚園のいたるところに、ふんわりとやわらかい、春めいた色の飾りつけがなされています。よく見ると模様の描かれたカラフルな卵、そしてうさぎさん!



教諭の弾くピアノの音色が、子どもたちをホールに迎えます。今日を無事に迎えられて嬉しい事、そして来られなかったお友だちが寂しくありませんようにと神さまにお祈りをします。

さてさて、幼稚園に卵やうさぎさんがいたの、気づいたかな? どんな意味があるか知ってる? 教諭の問いかけにみんなが元気よく答えます。そう、産まれたり増えたり、命の喜びを表しているんだね。今日はちょっぴり早いけど、イエスさまが十字架にかけられお亡くなりになったのち、復活を遂げられた事をお祝いするイースター礼拝の日です。イエスさまに思いを馳せながら、みんなで讃美歌『やさしい目の』を歌います。



ステージの上に設られたボードを使い、教諭がイエスさまの復活の場面を子どもたちに伝えます。子どもたちも集中して聞き入っています。とても辛かった、大好きなイエスさまとの別れ。しかし復活されたイエスさまに再び会えた喜びはどれほどだったでしょう! 



みんなで讃美歌『主イエスとともに』を歌い、イエスさまが、嬉しい時も悲しい時も、いつも私たちと一緒に歩んでくださる事に感謝します。

礼拝の間、私たちを見守ってくださってありがとうございました。この後遊んでいる間も見守っていてください。ゆったりとしたピアノの音が、みんなをホールから優しく送り出しました。

Comments


bottom of page